太陽光発電でCPAPマシンを動かす

 太陽光発電でCPAPマシンを動かす

 太陽光発電でCPAPマシンを動かす

 太陽光発電でCPAPマシンを動かす

1、そもそもCPAPマシンって何?

 みなさんはCPAPマシン、CPAP治療法、という言葉を聞いたことがございますか?おそらくほとんどの方があまり聞き慣れない言葉なのではないかと思います。治療法という言葉が出てくるあたりで、医療関係の何かなんだろうな、というのは想像つくと思いますが、具体的にどういったものなのかは不明なのではないでしょうか。

 CPAP治療法(持続陽圧呼吸療法)とは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療に最適といえる治療法のことです。そしてそれに使用する機械のことをCPAPマシンと呼びます。治療の仕組みとしては、上の写真のようなマスクを顔に装着し、その鼻に装着したマスクから送り込んだ空気の圧で空気の通り道を確保する、という流れです。患者さんに適した空気圧を設定することで、睡眠中に気道が塞がれるのを防ぎ、呼吸がスムーズにできるようになります。一般的にCPAP治療を開始する前に、一晩医療機関に入院し、鼻につけるマスクの調整や患者さんの状態に合わせた空気圧の調整などを行います。それを怠ってしまうと、装着するマスクの違和感で逆にストレスになってしまったり、空気圧が合っていないと効果がないどころか逆に身体に悪影響を及ぼしてしまう危険性もあります。

 今回は「太陽光発電でCPAPマシンを動かす」をテーマに、CPAP治療にどのような効果があるのか、そしてそれを太陽光発電で動かすことにどのようなメリットがあるのか、それらをご紹介していきたいと思います。

 太陽光発電でCPAPマシンを動かす

2、CPAPマシンxソーラーパネルの可能性

 さて、CPAP治療法(持続陽圧呼吸療法)は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療に最適というのは前述しましたが、SASとはどのような危険を孕んでいるのでしょうか。SASそのものは命の危険性があるような症状ではなく、睡眠の質が下がり、日中の眠気や身体のだるさの原因になると言われています。日本ではおよそ500万人ほど疾患していると言われており、その中でも適切な治療を受けているのは10%程度だそうです。では放置することの何が問題なのか、それは合併症です。心臓病、高血圧、糖尿病などのリスクを高めるほか、生活習慣病発症のリスクも高めてしまいそれらは命の危険性を孕んでいる病です。

 その治療法として期待されているのがCPAPなのです(*現状完治できるものではないそうです)。CPAP治療は、酸素マスクのようなマスクを着けて寝る、という方法で通院の頻度は月1〜2ヶ月に一回程度、しかしその間寝る時のマスク着用が毎日必須となります。

 ここで懸念されるのが、毎日必ず電気が使用できるのか?万一電気が使用できない状況になったらどうしたら良いのか?ということです。例えば地震などの災害時、豪雨や豪雪が原因での大規模停電時、など日本で暮らしているとどれもあり得そうな事象ですね。そんな事態でも心配なく機械を使用可能にするのがポータブル電源とポータブルソーラーパネルです。以下、それらの特徴をご紹介します。

①太陽光のみで充電できる

 上述の電源とパネルは接続が可能で、太陽光のみで充電が可能になります。またどちらもポータブルなので、使用する場所も選びません。

②軽く、コンパクト

 ポータブル電源なので、持ち運び前提で設計されています。そのためコンパクトで軽量デザイン、場所を取ることもなく、重くて運べないということも避けられます。

③安心の大容量

 機種によっては、別のバッテリーと連結することが可能で、最大容量を8192Whまで増やすことができます。これは一般家庭の1日の消費電力を十分に賄える量ですので、就寝次のみの使用と考えると数日分はカバーできます。もちろん、災害時などはそれ以外の機器も使用可能ですし、加えてCPAPマシンで睡眠の質も向上させられるというのは非常に有用ですね。

④さまざまなプラグに対応

 最大で16機種を同時に接続できるので、同時にあらゆる機械を使用することが可能です。ですので、暖房器具、オーディオやAV機器、ラジオなど複数台の電子機器を安心してご使用いただけます。

 太陽光発電でCPAPマシンを動かす

3、太陽光発電で明るい未来

 さて、今回の記事は「太陽光発電でCPAPマシンを動かす」として、CPAP治療とは何か、太陽光発電との関連性などをご紹介させていただきました。睡眠や生活習慣病は日常生活でのことなので、それらに良い効果が期待できる治療であればぜひ実施したいですよね。しかし、前述のようにCPAP治療でSASを完治させることは現状難しいそうです。ですので基本的に通院が必要となってくるのですが、実は病院によってはオンラインで診療してくれる場所もあります。その場合でも必要となってくるのはスマホやPCなどの電子機器、つまり電気は必須です。今回ご紹介したポータブル電源とポータブルソーラーパネルがあれば、いつでもどこでも、バッテリーを気にすることなく治療を続けることができます。「太陽光発電でCPAPマシンを動かす」、 ポータブル電源とポータブルソーラーパネルで環境に優しく自分の健康を維持しませんか?


"Shop Bluetti

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

スマホで買える発電所、ポータブルソーラーパネル

スマホで買える発電所、ポータブルソーラーパネル

1、個人で発電所が所有できる?!  みなさんは発電所と聞くとどういうイメージを持っていますか?私の発電所に対するイメージは、広大な敷地に大規模な施設、大規模な装置、周辺エリア一帯の電気を賄う必要があるためために発電に関わる全てがとにかく大きい、というイメージです。現代社会において、電気がないこ...

続きを読む

ポータブル電源で自然災害に備える

ポータブル電源で自然災害に備える

1、自然災害の国、日本  地震、豪雨、巨大台風、豪雪、落雷など日本では数多くの自然災害が発生しており、例えば地震では震度3くらいなら「また地震か。」程度にしか反応しないほど慣れてしまっています。そもそも、地震にある程度慣れてしまっていること自体が恐ろしいことです。もしそれが慣れてしまった普段の...

続きを読む

ポータブル電源で異常気象に備える

ポータブル電源で異常気象に備える

乱れ続ける日本の気象  ゲリラ豪雨、巨大台風、熱波など近年日本では異常と言える気象現象が多発しています。技術、科学が進歩しても自然の力には到底及びません。そのような状況で人間は、可能ならば避難する、もしくは自宅から外に出ない、という方法以外取れません。そんな時にもし断線などが原因で長期の停電に...

続きを読む

ポータブルソーラーパネルでお手軽節電術

ポータブルソーラーパネルでお手軽節電術

1、毎月の電気代が節電できる?  家賃、水道、光熱費、食費、毎月絶対に必要な支出。最近ではウクライナ・ロシア戦争の影響から資源価格の上昇が起き、さらに円安が追い討ちをかけ物価が大きく上昇してしまいました。企業によってはインフレ手当を支給し、従業員の生活を守る対策が取られているようですがそれもで...

続きを読む