リン酸鉄リチウムイオン電池

安全・安心
lithium iron phosphate battery

リン酸鉄リチウムイオン(LiFePO₄)とは?

リン酸鉄リチウムイオン電池はリチウムイオン電池の1種です。そして、リチウムイオン電池の中、一番耐熱性が良い種ともいえます。今までのポータブル電源は殆ど三元系やコバルト系、ニッケル系です。その中に、同じく電気自動車に使われてるのは三元系の電池です。
では、三元系と比べて、リン酸鉄リチウムイオン電池は何がいいですか?コバルト酸リチウムや三元系材料は220℃以上で熱分解を起こし危険性が高いとされていましたが、リン酸鉄リチウムはリン(P)と酸素(O)の結合が強く安定しているため600℃まで熱分解が起こらないなど、安全性が大幅に向上しています。

電池の寿命が長い
低温環境性能が優れる
エネルギー密度が低い
放電中の電圧変化が小さい
what is lithium iron phosphate
急速充放電
耐熱性が良い
環境にやさしい
高出力放電

BLUETTIがLiFePO₄を選ぶ理由

lithium iron phosphate solar generator

何より安全性が大事

ポータブル電源を選ぶとき、最も気になるのは安全性でしょう。BLUETTI ポータブル電源はリン酸鉄リチウム電池採用することで、安全性が一般のポータブル電源より高いです。
なぜなら、リン酸鉄リチウム電池は一般のリチウム電池よりエネルギー密度が低いため、熱分解温度が高く、熱安定性や安全性が非常に優れています。コバルト酸リチウムや三元系材料は220℃以上で熱分解を起こし危険性が高いとされていましたが、リン酸鉄リチウムはリン(P)と酸素(O)の結合が強く安定しているため600℃まで熱分解が起こらないなど、安全性が大幅に向上しています。
BLUETTIはさらに製造工程において不純物除去の技術や厳格な安全性・信頼性試験によって安全性を追求しています。

lithium iron phosphate solar generator

寿命が長い

リン酸鉄リチウム電池

コスパ抜群

充放電サイクル数は2500回以上

2,500~3,500
充放電サイクル数

LiFePO₄

500~800 充放電サイクル数

NCM/NCA

リン酸鉄リチウムイオン電池のもう1つの良いところは充放電サイクル数です。普通の三元系リチウムイオン電池なら、充放電サイクル数は500〜800となりますが、リン酸鉄リチウムイオン電池は2000回以上です。  BLUETTIポータブル電源の場合、技術の改善より、充放電サイクル数は驚異の2500回以上となります。概算すれば、一回の充放電に当たる金額は三元系より遥かに低いです。
 ※電池の寿命を伸ばすため、残り電量が20%になるとお早めに充電してください。

lfp vs nca vs ncm

環境にやさしい

BLUETTIは地球に優しい製品を制作することを目標として、日々努力しています。BLUETTI リン酸鉄リチウム電池はBLUETTI特有のエコモードを搭載していますので、環境にやさしい省エネルギーポータブル電源です。一般のポータブル電源なら、AC出力をOFFにしないと、アダプターをささなくても電力を消耗し続けます。BLUETTI リン酸鉄リチウム電池は、エコモードをONにしておくと、ACの出力が20W以下で4時間継続すると、システムが自動的にAC出力をOFFにします。

NCA/NCMよりも
LiFePO₄を選ぶべき理由

安全性 が一層高まる

BLUETTI ポータブル電源に搭載するバッテリーは、リチウムイオン電池の中でも特に安全性の高い電気自動車用バッテリーに採用されるプレミアム版のリン酸鉄リチウムバッテリーを使用しています。 更に安全面において、リン酸鉄リチウム電池本体には、高温保護、過電圧保護、低電圧保護、放電低温度保護、過電流保護、過負荷保護、ショート保護、充電過電圧保護などの設定を施し、皆さまに安心してお使い頂けるよう最善を尽くしております。
※安心&安全をモットーに、1000回以上の試験を行いました。

寿命が 二倍以上

電池の寿命はフル充電と放電を何回繰り返すことができるかを示す「充放電サイクル数」を基準としています。 BLUETTI ポータブル電源に搭載したプレミアム版リン酸鉄リチウムは2500回以上です。 及び新技術によって、充放電サイクル回数は3500回以上になります。

高効率充電 可能

特性上、鉛蓄電池に比べると、1/10の短時間で充放電が可能です。