ポータブル電源

いつでも、どこでも、電気のある生活を続ける

ポータブル電源とは?

ポータブル電源とは、大容量蓄電池を内蔵する高出力の給電設備です。いま現在の市販品が内蔵するのはほぼリチウムイオン電池ですが、リチウムイオン電池にも様々な種類がありますので、型番が違うポータブル電源の安定性と充放電ライフサイクルも違います。 出力ついて、ACポート、DCポート、USBポート、三種の出力ポートを備えているのが一般的な仕様です。ただ、技術の発展とともに進歩して、ワイアレス充電など給電形式もポータブル電源につくことになりました。 ポータブル電源の充電方式を大きく分けて3種類に分けられます。それはAC充電、カー充電、ソーラーパネル充電となります。発電機と違い、ガソリンを使わないので、匂いがしなくて、ガス排出もありません。そして、騒音問題も起こさないです。簡単に言うと、環境にやさしい給電設備です。 また、ポータブル電源と発電機と比べて、静音、エコのほか、メンテナンスいらない、室内でも使えることも非常に魅力的なポイントです。

ポータブル電源による 省エネルギー対策

政府統計の調査結果によると、2019(令和元年)1世代あたりの月間平均電気代は9100円です。節約のためにも、環境に優しいためにも太陽光発電や風力発電などの清潔エネルギーを使うことがおすすめです。 その中に、一般家庭に推奨するのは太陽光発電ですが、お家の状況が違いますので、5kWのような大型ソーラーパネルが使えないケースが多いです。そのようなご家庭に小型ソーラーパネルとポータブル電源を併用して、電気代を減らす対策をおすすめします。 ですので、キャンプや車中泊、防災に限定しなくて、計画的にソーラーパネル充電を利用すれば、省エネルギーの目標を達成することが可能です。 特にBLUETTI AC200Pのような超大容量·超大出力ポータブル電源を使えば、オフグリッド生活を送ることも不可能ではないです。

ポータブル電源との活用

ポータブル電源を利用して、何ができますか? 一般的に認知はキャンプ、車中泊、及び停電対策の道具となります。
  • ·アウトドアライフを快適に送るため、夏には扇風機とミニ冷蔵庫、冬には電気毛布、四季にはスマホとカメラなどデジタル製品の充電が不可欠です。一台のポータブル電源があれば、上述のニーズにほぼ全対応できます。
  • ·より大容量のポータブル電源を使うと、電子レンジやIH調理器、カフェ−メーカーなど使えることも可能です。
  • ·停電対策はもちろん、ソーラーパネルを備え場、室外で避難する場合、一台のポータブル電源があれば、最低限の現代生活を送ることができます。
  • ·日常において、ソーラーパネルとポータブル電源をうまく利用すれば、省電力対策にもなれます。
色んな面で、ポータブル電源は日常の家庭生活を安心に送るため不可欠な備品となります。
停電対策
キャンプ
停電対策

ポータブル電源の選択

容量

容量

ポータブル電源の容量が大きければ、それだけ体積や重量も大きくなります。 当然、価格的にもそれなりに高くなります。 御ニーズに合わせて、最適な電源を選びましょう

定格出力

定格出力

定格出力とは指定された条件下で、原動機などの機械類が安全に達成できる最大出力です。ポータブル電源の場合、定格出力の数値が高いほど、使える設備の種類が多くなります

瞬間最大出力

瞬間最大出力

ドライヤーなどの家電は、起動する瞬間、ほぼ通常の最大出力を超えます。ポータブル電源の瞬間最大出力は家電の瞬間最大出力を超えないと、その家電が起動できません。ですので、ポータブル電源の瞬間最大出力も重要な参考数値です。

安全性

安全性

BMS(バッテリーマネージメントシステム)はポータブル電源に対して、すごく重要です。このシステムは常にバッテリーの状態を監視し、電流と電圧などの異常を感知して調整することができます。BMSを搭載するポータブル電源はより安全で安心に使用できます。

正弦波

正弦波

電力信号の中、最も単一の波形は正弦波です。そして、ほぼすべての家電は正弦波に対応します。ポータブル電源の出力は正弦波ではないと、家電を壊す恐れがあります。

*世の中、「純正弦波」と「修正波」の言い方がありますが、実際のところ、「純正弦波」は普通の「正弦波」、「修正波」は一種の「矩形は」です。

携帯と収納

携帯と収納

大容量と大出力、かつ安全のポータブル電源を求める以上、重量的にどうしても軽くなれません。車で持ち運ぶのが一般的な状況ですが、手持ちで移動する場合もあります。ですので、ハンドルの持ちやすさは非常に重要です。

車と部屋のスペースとインテリアに合わせて、収納しやすいこともポイントの一つです。