ポータブル電源は節電になる?効果や節電方法を詳しく解説

ポータブル電源は節電になる?効果や節電方法を詳しく解説

「ポータブル電源を使うと節電になるって本当?」「ポータブル電源はどのような時に便利なの?」と気になっている人はいらっしゃいますか。

ポータブル電源は上手に使うと節電効果があります。その上、それ以外の使い道も充実している便利なものです。

そこで、こちらの記事ではポータブル電源と節電について幅広い情報を網羅的に紹介し、おすすめのポータブル電源もお伝えします。

節電効果を高めるためにポータブル電源を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

ポータブル電源で節電できる?

節電方法

ポータブル電源を使えば、節電できるのでしょうか?

結論としては、ポータブル電源があれば節電対策が可能です。

どのようにすればポータブル電源で節電できるのか、詳しく確認していきましょう。

使い方次第でポータブル電源で節電できる

ポータブル電源があれば、使い方次第で節電対策をすることができます。

ソーラーパネルなどを活用して環境にやさしい発電をしたり、電気代の安い夜間に充電したりすることで節電になります。

ポータブル電源なしの場合は電気を買って使うだけですが、ポータブル電源があればさまざまなお得な方法で電気を貯められるということです。

電気代高騰中の救世主に

電気代がどんどん高くなっている昨今、ポータブル電源を使って節電をすることで、電気代を削減してくれる救世主となるかもしれません。

そしてこれからも、電気代がどんどん上がっていくことは予想できるので、ポータブル電源を使った節電を今から生活に取り入れておくことはメリットになるでしょう。

電気代が高騰していて、毎月の請求書を見るのが億劫だという人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ポータブル電源で節電する方法

ソーラーパネル節電

それでは、ポータブル電源を使って節電する方法を具体的に解説します。

  • ソーラーパネルを使い太陽光発電を行う
  • 電気代の安い夜間に充電

2つを詳しく確認していきましょう。

ソーラーパネルを使い太陽光発電を行う

ポータブル電源にソーラーパネルを併用して、太陽光発電を行うことで電気代を節約できます。

晴れた日にベランダなどでソーラーパネルを設置し、太陽光で発電された電気をポータブル電源に貯めていきます。

太陽が出ていれば無料で電気が作られるので、長く使えば使うほどお得に電気が作れます。

ポータブル電源は自然放電しにくい設計になっているため、太陽光で作った電気をすぐに使わずに貯めておけるのも嬉しい特徴です。

電気代の安い夜間などに充電する

電気代の契約状況によっては、夜間の電気使用の方が安く使えることもあるため、そのような場合は夜間にポータブル電源を充電して、電気代の高い時間帯にその電気を使うことで電気代節約につながります。

たとえば、夜間のうちにポータブル電源を充電し、昼間のパソコン使用やテレビ使用、ゲーム使用などをポータブル電源に頼ることで、安い電気を利用できるのです。

日中に電気の使用が多い人や、テレワークをしていてパソコンを使用する機会が多い人などは、ポータブル電源を夜間に充電する方法を試してみましょう。

ポータブル電源で節電するための使用例

パソコンとスマホ

それでは、ポータブル電源で節電する場合の具体的な活用アイデアをご紹介します。

  • ピンポイントな電化製品の使用
  • 在宅勤務の電源に
  • コンセントが遠い場所で使う

3つの使用アイデアを詳しく紹介しますね。

スマホの充電やドライヤーなどピンポイントな使用に

電化製品には、常時使い続ける冷蔵庫や長時間稼働するエアコンのようなものもありますが、ポータブル電源はどちらかというとスマホの充電やドライヤーなどピンポイントに使用するものに向いています。

なぜなら、ポータブル電源にはバッテリー容量があり、それがなくなってしまうと充電するまで使えないからです。

冷蔵庫は途切れることなく使い続ける必要があるので、ポータブル電源の充電がなくなって電源が切れてしまっては困りますよね。

それに対して、ドライヤーは髪を乾かす短期間の使用なので、ポータブル電源との相性が良いです。他にもスマホの充電やアイロンの使用など、ピンポイントな家電の使用に適しています。

在宅勤務時の電源として使う

ポータブル電源は、在宅勤務時の電源に使用するのにぴったりです。先ほども書いたように、夜のうちに充電しておいたポータブル電源を、日中の在宅勤務時の電源にすることで、電気代が節約できます。

また、「在宅勤務用の電力はポータブル電源からまかなう」と決めることで、使い分けがしやすいのもメリットです。

どれだけのバッテリー容量を何時間使用して使い切ったかもわかりやすいので、在宅勤務にどれほど電力が必要なのかも見えやすくなるのも、嬉しいポイントです。

コンセントが遠い場所で使用する

ポータブル電源は、持ち運びしやすくなっているので、コンセントが遠い場所で家電が使いたい場合にも便利です。

例えば、屋外で高圧洗浄機を使って庭や車を掃除したい時、外にコンセントがないと使えませんが、ポータブル電源があれば使用できます。

他にも、車の中で掃除機を使いたかったり、庭でライトを照らしたかったりするときも、ポータブル電源があると重宝するでしょう。

節電効果もあり、電気の使えないところで電化製品を使えるのが、ポータブル電源の魅力です。

節電効果の大きい消費電力の大きな電化製品は?

ドライヤー

ポータブル電源を使って節電するなら、消費電力の大きい電化製品に使用した方が、高い効果が実感できます。

使用しやすい、という意味も踏まえて、ポータブル電源で使用するのにおすすめな電化製品を3つ紹介します。

  • ドライヤー
  • ホットプレート
  • 電気ケトル

1つずつ確認していきましょう。

ドライヤー

ドライヤーは髪を乾かす間しか使いませんが、短時間で大きな消費電力が必要になる、パワフルな電化製品です。

そのため、定格出力が大きめのポータブル電源を選んでおく必要があります。 

具体的に数字で言うと、ドライヤーの消費電力は600〜1200W程度のものが多いので、ポータブル電源の定格出力はこれ以上のものを選ばないと使用できません。

ドライヤーのようなパワフルな電化製品を使いたい場合は、定格出力がそれ以上に大きいポータブル電源を選んでおきましょう。

ホットプレート

ホットプレートも、ドライヤーと同じく消費電力の大きい電化製品です。

ホットプレートの消費電力は、1200〜1400W程度のものが多いため、定格出力がそれ以上あり、なおかつ使用時間に耐えられるバッテリー容量のものを選んでおく必要があります。

ホットプレートを使用して、どの程度の時間加熱するのかを考えておくことで、最低限のバッテリーの必要量がわかるのでおすすめです。

定格出力については、消費電力より低いものを選んでしまうと、電化製品を動かすことができないので、使用したいホットプレートよりも大きな数字のものを選ぶようにしましょう。

電気ケトル

短時間でお湯を沸かすことができる優れものとして人気のある電気ケトルも、ポータブル電源で使用するのにおすすめの電化製品です。

電気ケトルは、消費電力が1300W程度のものが主流なので、その程度の定格出力のポータブル電源を選んでおくと、安心して使用できます。

電気ケトルは、自宅で使うのはもちろん、キャンプやアウトドアの場面でも非常に活躍する電化製品です。

消費電力は大きめですが、保温ポットのようにずっと電力を使い続けるわけでなく、沸かす間だけしか電力を使わないので、バッテリー容量はそれほどなくても利用できるでしょう。

アウトドアのシーンで電気ケトルを使うことが多くなりそうなら、コンパクトさも重視しておきたいポイントです。

節電以外にもある?ポータブル電源を持っておくメリット

メリット

こちらの記事では、主にポータブル電源を節電で使うことについて解説してきました。しかし、ポータブル電源が自宅にあるメリットは、もちろんそれだけではありません。

ここからは、ポータブル電源を持っておくことで得られる嬉しいメリットを、3つ紹介します。

  • アウトドアやキャンプで快適に過ごせる
  • いざという時の防災対策になる
  • 電気がない屋外などでも電化製品が使える

1つずつ、詳しく確認していきましょう。

アウトドアやキャンプで快適に過ごせる

ポータブル電源があれば、アウトドアやキャンプなどの際に、屋外でも必要な電化製品を使えます。

ポータブル電源を持っていないと、コンセントやUSBを差して使用するタイプの電化製品は使うことができません。

しかし、ポータブル電源があれば、電化製品に合った出力ポートや波形の製品さえ選べばどこでも電化製品を使用することができます。

キャンプでホットプレートを使用して料理を作ったり、電気ケトルでお湯を沸かしてコーヒーを淹れたり、自由に使用できるのが嬉しいポイントです。

アウトドアやキャンプに行く頻度が高い人は、自分が使う力量を考えて、それに合わせたバッテリー容量のポータブル電源を選んでおくのがおすすめです。また、コンパクトなものを選んでおくと、持ち運びにも便利ですよ。

いざという時の防災対策になる

ポータブル電源を自宅に置いておくことで、万が一の災害に備えることができます。

例えば、台風や地震などが起こって電気が止まってしまった場合、ポータブル電源がなければ生活がままならなくなります。

それに対して、ポータブル電源を持っていれば、スマホを充電したりお湯を沸かしたり、電子レンジでご飯を温めたり便利に活用できるでしょう。

とはいえ、ポータブル電源を常に充電しておくことが大切なので、普段からきちんと充電しておくことをおすすめします。

電気がない屋外などでも電化製品が使える

ポータブル電源を屋外で使うのは、キャンプやアウトドアだけではありません。

庭掃除のために電化製品を使ったり、車をきれいにするために掃除機をポータブル電源で使用したりすると便利です。

屋外用のコンセントがついているご家庭もあるかもしれませんが、それも場所は移動できません。

対して、ポータブル電源なら好きな場所に持ち運びできるので、どこででも自由に電化製品を使用できるのが嬉しいポイントです。

節電にポータブル電源を使いたい時におすすめの商品を紹介

それでは、節電にポータブル電源を使いたい時におすすめしたい商品を2つ紹介します。

節電するためには、ソーラーパネルを併用して太陽光発電でも電気を作り出したいところです。

そこでおすすめしたいのが、ポータブル電源の「BLUTTI AC60」とソーラーパネルの「BLUETTI PV350S」です。

どちらも、製品の特長を詳しく紹介していきます。

BLUETTI AC60

AC60ポータブル電源

BLUTTI AC60は、コンパクトですが高い消費電力が必要な電化製品も使用できるパワフルなポータブル電源です。

防水・防塵効果も高く、アウトドアなど屋外で使う場合にも安心して使用できます。

また、AC60は急速充電をすることができ、45分で80%まで充電をすることができるのも魅力です。

夜間の電気代が安いうちに充電したい、と考えている場合も、急速で充電をためることができたら安心ですね。

リン酸鉄リチウムイオン電池搭載で、安全性が高く長寿命なのも嬉しい特長の1つです。

BLUETTI PV350S

PV350Sソーラーパネル

BLUETTI PV350Sは、安全性が高く高耐久な素材でできているソーラーパネルです。

太陽光を効率よく電力に変換してくれるので、他社のソーラーパネルと比較してより多くの電力を作り出せます。

簡単に設置することができ、折りたたんで簡単に持ち運べるのも嬉しい特長です。

アウトドアの際に一緒に持って行って、太陽光で発電しながら電力を貯めることもできるので、よりたくさんの電力を使うことができます。

災害時にも、太陽光を活用することができるなど、多くのメリットがあるのでぜひポータブル電源との併用を検討してみてはいかがでしょうか。

ポータブル電源を使って節電対策しよう!

こちらの記事では、ポータブル電源を使った節電について、節電する方法や、ポータブル電源で節電する場合におすすめの家電、ポータブル電源の節電以外の使い道などを詳しく解説しました。

いざという時にあると便利なポータブル電源。節電対策や防災対策、アウトドアやキャンプでの楽しみにぜひ1台所有してみてはいかがでしょうか?

おすすめのポータブル電源とソーラーパネルとして、BLUETTI AC60とPV350Sを紹介したので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 SHOP BLUETTI

車中泊で炊飯器を活用するには?食生活を充実させるコツやおすすめアイテム紹介

車中泊で炊飯器を活用するには?食生活を充実させるコツやおすすめアイテム紹介

この記事では車中泊で炊飯器を活用できる方法について解説します。特にポータブル電源を用いると様々な調理家電が使えるのでおすすめです。キャンプ・旅行・バンライフとあらゆる車中泊をより便利に、より楽しく充実したものにできますので、ぜひご覧ください。

続きを読む

停電の不安を解消!オール電化住宅での備えと対策

停電の不安を解消!オール電化住宅での備えと対策

日常生活の機能をほぼ全て電力に依存するオール電化住宅では、停電が発生するとどのような影響が出るのか、そしてその対策はどうすればよいのか。この記事では、オール電化住宅のメリットとデメリットから新規記事停電時の初動対策、さらにはポータブル電源などの予備電源の活用方法について詳しく解説します。

続きを読む

パソコンの停電対策にはポータブル電源がおすすめ!UPSの選び方を解説

パソコンの停電対策にはポータブル電源がおすすめ!UPSの選び方を解説

最近のパソコンは高性能になり、データが失われないような仕組みができています。とはいえ、急な停電時などには大事なパソコンのデータが消失してしまうという事故が起こりかねません。 そんなPCの停電対策に有効なのが「UPS(無停電電源装置)」です。 今回は、パソコンの停電対策に使えるUPSについて解説...

続きを読む

秋キャンプは寒さ対策が必要?秋がおすすめの理由やおすすめの対策方法を解説

秋キャンプは寒さ対策が必要?秋がおすすめの理由やおすすめの対策方法を解説

こちらの記事では、秋キャンプの寒さ対策について、必要かどうかということや、対策方法など幅広い情報を解説します。秋キャンプを楽しみたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む