【冬キャンプ初心者向け】おすすめの必需品・服装、飯、寒さ対策など

冬場のキャンプにはユニークな魅力がたくさんありますが、他の季節にはないリスクや危険もあります。今回は冬キャンプの必需品や寒さ対策、おすすめのギアもあわせて冬キャンプの魅力、冬キャンプで気をつけたいポイントを教えます!
冬キャンプの対策を知って、安全快適に過ごしましょう!

    1. 冬キャンプの美しさとメリット

    キャンプのシーズンと聞くと、夏を思い浮かべる人は多いでしょう。汗をかいてキャンピングの準備をした後に、虫の音や川のせせらぎを聞きながらゆっくりと過ごすというのは夏のキャンプの醍醐味です。とはいえ、冬に行うキャンプにも楽しみやメリットはたくさんあります。

     

    1つ目のメリットは「美しい星空が見られること」です。
    湿度の高い夏とは異なり、冬は空気が乾燥しやすいという特徴があります。空気中に含まれる水蒸気が少なくなると、透過率が良くなるので空が綺麗に見えるというわけです。
    そのため、夏と比較して、冬のキャンプでは美しい星空を眺められる可能性が高くなります。満天の星空を見ながら過ごすキャンプは忘れがたい経験となることでしょう。

     

    2つ目のメリットは「虫が少ないので快適」という点です。
    夏場は蝉やカブト虫などの採集を楽しむことができる一方、蚊やぶよなどに悩まされて思うように休むことができないということも起こり得ます。地域によっては、カメムシなどが灯りに集まってきてしまうということもあるでしょう。
    一方、冬場は蚊やぶよに刺されて嫌な思いをしたり、ランタンに蛾が集まってきたりという心配がほぼありません。ですから、虫が苦手な人には冬のキャンプをおすすめします。

     

    3つ目の「利用客が少ない」というのも冬にキャンプをするメリットです。
    夏場はキャンプ場を中心として非常に多くの人がキャンプを楽しみます。過ごしやすい気候なので、それほど多くの装備が必要ではないというのも理由です。
    一方、冬場は暖房や防寒装備などやや大掛かりな装備が必要となるため、さまざまなインフラが整備されているキャンプ場であっても、それほど利用者は多くないのです。ですから、周囲に気兼ねなく過ごしたいという人はこの時期をぜひ活用しましょう。

     

    4つ目のメリットは「暖かい食事を存分に楽しめる」という点です。
    冬場は気温がとても低くなり、エリアによってはキャンプ場に雪が降ることもあります。そうした中で、暖かい食事をみんなで囲むというのは忘れがたい経験となることでしょう。
    焚火や薪ストーブなどを活用して、冬の味覚がたっぷりと入ったお鍋を作ったり、冷え込む中で熱燗を飲みながら語り合ったりという経験ができるのは、この時期ならではのことです。

     

    5つ目のメリットは「冬ならではのアクティビティが楽しめる」という点でしょう。
    雪が降る場所であれば、雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり、そりで雪の上を滑ったり、といろいろな遊びを楽しむことができます。比較的雪が多いエリアであれば、親子で一緒にかまくらを作ってみるというのも良いでしょう。

     

    夏は昼間晴天であっても、夕方から突如スコールのような雨が降り出すということが少なくありません。その結果、川沿いで遊んでいた人が事故に巻き込まれるということも起きています。一方、冬場は天気が予報に反して突如崩れることが比較的少ないという特徴があります。これが6つ目のメリットです。
    もちろん、山深い場所になれば天候の急変は起こり得るので注意が必要ではあるものの、ある程度事前に予測できるというのは嬉しいポイントでしょう。

     

    このように、冬場のキャンプにはユニークな魅力がたくさんあります。これまでこの季節にキャンプを試したことがないという人はぜひプランを立ててみましょう。

     

    1. 冬キャンプの危険性

    冬のキャンプには他の季節にはないリスクや危険があるということも覚えておきましょう。特に注意が必要となるのは3つの点です。

     

    1つ目は「寒さ対策の徹底」です。
    夏のように薄手の服装で気軽にキャンプをするということはできません。冬のキャンプでは、衣服や寝袋は保温効果が高いものを選び、寝る ときも体が冷えすぎてしまわないような服装を心がけて、防寒対策をしっかりとする必要があります。
    また、暖房設備を十分に用意しておくことも大切です。焚火だけでなく、すぐに着火できる灯油ストーブなどを持っていく人もいます。キャンプをするエリアが朝晩かなり冷え込むということが分かっているなら、寝床で使用するアイテムとして湯たんぽやカイロの他に、電気毛布や電気カーペットを持っていくのも賢明でしょう。このように、冬のキャンプでは夏と比較して必需品と呼ばれるアイテムが非常に多くなるのです。

     

    2つ目の注意点は「火の管理」です。
    先述の通り、冬場のキャンプは暖かく過ごすことがとても大切です。灯油ストーブや薪ストーブ、ランタンや火鉢などを活用する人は少なくありません。
    ただし、そうした暖房器具をテントの中で長時間使用しないように注意しましょう。閉め切った状態でこれらの暖房を使った結果、一酸化炭素中毒で病院へ搬送されるというケースは少なくありません。
    また、焚火をする場合には、その火が周囲の木に燃え移ってしまわないよう警戒することも大切です。
    冬場は空気が乾燥していますから、ちょっとした火の不始末で簡単に燃え広がってしまいます。ですから、薪の量を調整して焚火が大きくなり過ぎないようにすること、寝る前には水をかけて確実に火を消すということを徹底しましょう。
    また、子供たちに火のついた薪を不用意に持たないよう教えておくことも大切です。そして、キャンプ場を離れる際には、すべての片づけが終わった後で、もう1度火の始末を確認するということを意識しておきましょう。

     

    「水の管理」という点にも注意しましょう。これが3つ目のポイントです。
    キャンプ場は朝方に氷点下まで気温が下がるということが珍しくありません。そのため、水道の蛇口が凍ってしまうこともよくあります。飲料水を持参していないと、料理ができずに困ってしまうでしょう。
    ですから、ミネラルウォーターなどを十分に持っていくことをおすすめします。加えて、自動車の冷却水が凍ってしまわないよう、クーラント液を入れておくことも大切です。

     

    冬場のキャンプでは、気温の変化によって大量の結露が生じるということもあります。
    また、雪深い場所では雪の重みに耐えきれず、テントやタープが倒れてしまうという事態も発生しています。ですから、キャンプ予定地の情報は事前によく収集しておき、トラブルに対処できるような準備を整えておくことが大切です。

     

    1. 備えがあれば大丈夫、寒さ対策などについての必需品おすすめ

    近年、キャンプ場では水道や電気などのインフラが比較的しっかりとしています。とはいえ、場所によってはそれらの施設が整っていないケースもあります。特に、電源を確保できない場所では電気毛布などの暖房器具を利用することができません。
    そのため、冬場のキャンプをする際には、モバイルバッテリーやポータブル電源が必需品となりますから、確実に持ち物リストの中へ含めておきましょう。

     

    1つ目のおすすめは、大容量のポータブル電源「Bluetti EB70」です。

    災害時の代替インフラという用途でデザインされたこのバッテリーは716Whという大容量を誇ります。これ1台でおよそ3日分の電力を供給できるように設計されています。冬場のキャンプでは、電気毛布や電気カーペットなど、暖房器具を使うためにかなりの電力が必要となりますから、このモバイルバッテリーはもってこいのアイテムということができるでしょう。

    商品電力は最大700Wまで対応することが可能です。AC電源用のジャックは4つ、USBケーブル用のポートは4つ搭載しています。ディスプレイ表示でバッテリーの残量が一目で確認できるというのも魅力です。さらに、屋外仕様での安全性を確保するため、BMS安全保護システムが搭載されています。ですから、安心して利用することが可能です。

     

    2つ目におすすめしたいのはモバイルバッテリー「Bluetti AC10」です。

    コンパクトなボディーの両サイドに5VのUSBポートが2つ、AC120Vの電源用ジャックが1つ搭載されています。充電容量は26,756mAhです。AC電源は最大100W、USBポートは最大45Wの出力があるため、スマートフォンやタブレットなどをスピーディーに充電することができます。

    LEDライトを搭載している点や飛行機の機内に持ち込みが可能という点も評価されています。冷却用のファンがないため、駆動音が気になることもありません。特に、LEDライトには、不測の事態が生じてしまった場合を考慮して、通常の点灯モードに加えて、救難信号を発するSOSモードがあります。このように、シンプルなモバイルバッテリーでありながら、一台で何役もこなすことができる非常に便利なアイテムであることから、多くの人がキャンプの持ち物に必ず入れておきたいと評価しています。

      冬キャンプの美しさとメリット

      1つ目のメリットは「美しい星空が見られること」です。
      湿度の高い夏とは異なり、冬は空気が乾燥しやすいという特徴があります。空気中に含まれる水蒸気が少なくなると、透過率が良くなるので空が綺麗に見えるというわけです。そのため、夏と比較して、冬のキャンプでは美しい星空を眺められる可能性が高くなります。満天の星空を見ながら過ごすキャンプは忘れがたい経験となることでしょう。

      2つ目のメリットは「虫が少ないので快適」という点です。
      夏場は蝉やカブト虫などの採集を楽しむことができる一方、蚊やぶよなどに悩まされて思うように休むことができないということも起こり得ます。地域によっては、カメムシなどが灯りに集まってきてしまうということもあるでしょう。
      一方、冬場は蚊やぶよに刺されて嫌な思いをしたり、ランタンに蛾が集まってきたりという心配がほぼありません。ですから、虫が苦手な人には冬のキャンプをおすすめします。

      3つ目の「利用客が少ない」というのも冬にキャンプをするメリットです。
      夏場はキャンプ場を中心として非常に多くの人がキャンプを楽しみます。過ごしやすい気候なので、それほど多くの装備が必要ではないというのも理由です。
      一方、冬場は暖房や防寒装備などやや大掛かりな装備が必要となるため、さまざまなインフラが整備されているキャンプ場であっても、それほど利用者は多くないのです。ですから、周囲に気兼ねなく過ごしたいという人はこの時期をぜひ活用しましょう。

      4つ目のメリットは「暖かい食事を存分に楽しめる」という点です。
      冬場は気温がとても低くなり、エリアによってはキャンプ場に雪が降ることもあります。そうした中で、暖かい食事をみんなで囲むというのは忘れがたい経験となることでしょう。
      焚火や薪ストーブなどを活用して、冬の味覚がたっぷりと入ったお鍋を作ったり、冷え込む中で熱燗を飲みながら語り合ったりという経験ができるのは、この時期ならではのことです。

      5つ目のメリットは「冬ならではのアクティビティが楽しめる」という点でしょう。
      雪が降る場所であれば、雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり、そりで雪の上を滑ったり、といろいろな遊びを楽しむことができます。比較的雪が多いエリアであれば、親子で一緒にかまくらを作ってみるというのも良いでしょう。

      夏は昼間晴天であっても、夕方から突如スコールのような雨が降り出すということが少なくありません。その結果、川沿いで遊んでいた人が事故に巻き込まれるということも起きています。一方、冬場は天気が予報に反して突如崩れることが比較的少ないという特徴があります。これが6つ目のメリットです。
      もちろん、山深い場所になれば天候の急変は起こり得るので注意が必要ではあるものの、ある程度事前に予測できるというのは嬉しいポイントでしょう。

      このように、冬場のキャンプにはユニークな魅力がたくさんあります。これまでこの季節にキャンプを試したことがないという人はぜひプランを立ててみましょう。

      冬キャンプの危険性

      冬のキャンプには他の季節にはないリスクや危険があるということも覚えておきましょう。特に注意が必要となるのは3つの点です。

      1つ目は「寒さ対策の徹底」です。
      夏のように薄手の服装で気軽にキャンプをするということはできません。冬のキャンプでは、衣服や寝袋は保温効果が高いものを選び、寝る ときも体が冷えすぎてしまわないような服装を心がけて、防寒対策をしっかりとする必要があります。
      また、暖房設備を十分に用意しておくことも大切です。焚火だけでなく、すぐに着火できる灯油ストーブなどを持っていく人もいます。キャンプをするエリアが朝晩かなり冷え込むということが分かっているなら、寝床で使用するアイテムとして湯たんぽやカイロの他に、電気毛布や電気カーペットを持っていくのも賢明でしょう。このように、冬のキャンプでは夏と比較して必需品と呼ばれるアイテムが非常に多くなるのです。

      2つ目の注意点は「火の管理」です。
      先述の通り、冬場のキャンプは暖かく過ごすことがとても大切です。灯油ストーブや薪ストーブ、ランタンや火鉢などを活用する人は少なくありません。
      ただし、そうした暖房器具をテントの中で長時間使用しないように注意しましょう。閉め切った状態でこれらの暖房を使った結果、一酸化炭素中毒で病院へ搬送されるというケースは少なくありません。
      また、焚火をする場合には、その火が周囲の木に燃え移ってしまわないよう警戒することも大切です。
      冬場は空気が乾燥していますから、ちょっとした火の不始末で簡単に燃え広がってしまいます。ですから、薪の量を調整して焚火が大きくなり過ぎないようにすること、寝る前には水をかけて確実に火を消すということを徹底しましょう。
      また、子供たちに火のついた薪を不用意に持たないよう教えておくことも大切です。そして、キャンプ場を離れる際には、すべての片づけが終わった後で、もう1度火の始末を確認するということを意識しておきましょう。

      「水の管理」という点にも注意しましょう。これが3つ目のポイントです。
      キャンプ場は朝方に氷点下まで気温が下がるということが珍しくありません。そのため、水道の蛇口が凍ってしまうこともよくあります。飲料水を持参していないと、料理ができずに困ってしまうでしょう。
      ですから、ミネラルウォーターなどを十分に持っていくことをおすすめします。加えて、自動車の冷却水が凍ってしまわないよう、クーラント液を入れておくことも大切です。

      冬場のキャンプでは、気温の変化によって大量の結露が生じるということもあります。
      また、雪深い場所では雪の重みに耐えきれず、テントやタープが倒れてしまうという事態も発生しています。ですから、キャンプ予定地の情報は事前によく収集しておき、トラブルに対処できるような準備を整えておくことが大切です。

       

      備えがあれば大丈夫、寒さ対策などについての必需品おすすめ

      近年、キャンプ場では水道や電気などのインフラが比較的しっかりとしています。とはいえ、場所によってはそれらの施設が整っていないケースもあります。特に、電源を確保できない場所では電気毛布などの暖房器具を利用することができません。 そのため、冬場のキャンプをする際には、モバイルバッテリーやポータブル電源が必需品となりますから、確実に持ち物リストの中へ含めておきましょう。

      今回のおすすめは、大容量のポータブル電源「BLUETTI EB55」です。

      災害時の代替インフラという用途でデザインされたこのバッテリーは537Whという大容量を誇ります。これ1台でおよそ2日分の電力を供給できるように設計されています。
      冬場のキャンプでは、電気毛布や電気カーペットなど、暖房器具を使うためにかなりの電力が必要となりますから、このモバイルバッテリーはもってこいのアイテムということができるでしょう。
      商品電力は最大700Wまで対応することが可能です。AC電源用のジャックは4つ、USBケーブル用のポートは5つ搭載しています。ディスプレイ表示でバッテリーの残量が一目で確認できるというのも魅力です。
      さらに、屋外仕様での安全性を確保するため、BMS安全保護システムが搭載されています。ですから、安心して利用することが可能です。
      LEDライトを搭載している点も評価されています。LEDライトには、不測の事態が生じてしまった場合を考慮して、通常の点灯モードに加えて、救難信号を発するSOSモードがあります。
      このように、シンプルなモバイルバッテリーでありながら、一台で何役もこなすことができる非常に便利なアイテムであることから、多くの人がキャンプの持ち物に必ず入れておきたいと評価しています。

      发表评论

      请注意,评论必须在发布之前获得批准。