シェルパ斉藤さんがAC200MAXを積んで温泉ツーリング!

シェルパ斉藤さんがAC200MAXを積んで温泉ツーリング!

    AC200MAXを積んでのんびりした電気自動車ライクT3の温泉旅はどのような光景なのか、ぜひ12月9日に発売された『BE-PAL』2022年1月号までご覧ください!

 

  • シェルパ斉藤さんの紹介

 シェルパ斉藤さんは1961年生まれ、日本で著名な紀行作家、バックパッカーです。1990年以降、『BE-PAL』、『PEAKS』、『夢の丸太小屋に暮らす』、『フィールドライフ』などアウトドア雑誌を中心に紀行エッセイを長期連載しています。

 シェルパ斉藤さん執筆の「お気軽三輪電気自動車でリハビリ温泉ツーリング」は『BE-PAL』2022年1月号のコンテンツ「シェルパ斉藤の旅の自由型」に掲載されております。記事ではAC200MAXを電動自動車に積んで遠距離の旅を楽しめた経験を記載しました。ご興味のある方はぜひ一読ください。

 

  • 登場した電動自動車ライクT3(雷駆-T3、Like-T3)について

  光岡自動車が販売するトライクタイプのEV型小型車です。都心のような短距離の移動で済む地域において、小口配送用などの需要をターゲットとしています。乗車定員は2名で、後部に100 kg まで積載可能な荷台を備えています。

 AC200MAXをバックアップバッテリーとしたら、遠距離の旅をする時にT3の電力消費が途中に済む心配も少し緩めました。いわばAC200MAXはT3にとって保険のようなもので、いざという時に頼ましき存在となり、旅行者に安心感を与えます。

   ぜひ『BE-PAL』2022年1月号の人気連載「シェルパ斉藤の旅の自由型」にて、この自由奔放な旅を満喫してください。

 

 今回はシェルパ斉藤さんのおかげで、新しい発想の上にポータブル電源の使い道を開きました。今後、BLUETTIポータブル電源がより多くの生活シーンでお役に立てるよう、製品開発に注力してまいります。

 

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

スマホで買える発電所、ポータブルソーラーパネル

スマホで買える発電所、ポータブルソーラーパネル

1、個人で発電所が所有できる?!  みなさんは発電所と聞くとどういうイメージを持っていますか?私の発電所に対するイメージは、広大な敷地に大規模な施設、大規模な装置、周辺エリア一帯の電気を賄う必要があるためために発電に関わる全てがとにかく大きい、というイメージです。現代社会において、電気がないこ...

続きを読む

ポータブル電源で自然災害に備える

ポータブル電源で自然災害に備える

1、自然災害の国、日本  地震、豪雨、巨大台風、豪雪、落雷など日本では数多くの自然災害が発生しており、例えば地震では震度3くらいなら「また地震か。」程度にしか反応しないほど慣れてしまっています。そもそも、地震にある程度慣れてしまっていること自体が恐ろしいことです。もしそれが慣れてしまった普段の...

続きを読む

ポータブル電源で異常気象に備える

ポータブル電源で異常気象に備える

乱れ続ける日本の気象  ゲリラ豪雨、巨大台風、熱波など近年日本では異常と言える気象現象が多発しています。技術、科学が進歩しても自然の力には到底及びません。そのような状況で人間は、可能ならば避難する、もしくは自宅から外に出ない、という方法以外取れません。そんな時にもし断線などが原因で長期の停電に...

続きを読む

ポータブルソーラーパネルでお手軽節電術

ポータブルソーラーパネルでお手軽節電術

1、毎月の電気代が節電できる?  家賃、水道、光熱費、食費、毎月絶対に必要な支出。最近ではウクライナ・ロシア戦争の影響から資源価格の上昇が起き、さらに円安が追い討ちをかけ物価が大きく上昇してしまいました。企業によってはインフレ手当を支給し、従業員の生活を守る対策が取られているようですがそれもで...

続きを読む