ポータブル電源で異常気象に備える

ポータブル電源で異常気象に備える

ポータブル電源で異常気象に備える

ポータブル電源で異常気象に備える

乱れ続ける日本の気象

 ゲリラ豪雨、巨大台風、熱波など近年日本では異常と言える気象現象が多発しています。技術、科学が進歩しても自然の力には到底及びません。そのような状況で人間は、可能ならば避難する、もしくは自宅から外に出ない、という方法以外取れません。そんな時にもし断線などが原因で長期の停電に見舞われてしまったらどうしますか?現代社会において、生活の大部分を支えているのは電気ですよね。特に地球温暖化が問題とされ、CO2をはじめとした温室効果ガスを排出しないための取り組みが普及し、これまでガスを中心としてきた調理や風呂などはは電気を活用するように変遷し、電気に関しても火力などが主流であった発電方法から、太陽光など自然エネルギー等を活用する方法に切り替わってきつつあります。つまり電気が奪われてしまったら普段通りの生活が困難になる家庭が数多く存在する、と言い換えることもできます。またそれだけでなく、冬季などにおいては体温を保つために暖房器具などは必須と言えます。それが使用できない状況になるということは、命の危険すらあるのです。

 そこで今回は「ポータブル電源で異常気象に備える」をテーマに、昨今の異常な気象現象にどう対策するか、その方法をご紹介します。

ポータブル電源で異常気象に備える

最高のバックアップ、ポータブル電源

 PCなどが代表的ですが、故障してしまった場合など万が一に備えてデータのバックアップを取っておくのが一般的ですよね。では電気の場合はどうでしょうか?基本的にはバックアップを取るという概念すら無いのではないでしょうか?中には、非常電源が備え付けられている家庭もあるかもしれませんが、その非常電源にも大きく2つ問題点があるのです。

1、エンジンで発電するということ

2、持ち運べない

 まず今主流の非常用電源は燃料さえ補充すれば長時間の発電ができるので、天候に左右されないと言う点でメリットはあります。しかし燃焼時に多量のCO2を排出するため、環境問題に焦点を当てると使用は控えた方が良さそうです。そして何よりそのサイズが問題です。一般的に家庭に備え付けられている非常用電源は大規模な装置なので持ち運べず、避難には適しません。

 それらの課題をクリアした製品がBLUETTI社のポータブル電源です。このポータブル電源は、以下のような特徴から非常用のバックアップ電源として、避難生活の必需品として最適と言えます。

・排気ガスに関して

 ポータブル電源は再生可能エネルギーの一つである太陽光を使用して電気を作るため、排気ガスの心配は不要、室内でも安全に使うことができます。

・騒音に関して

 ポータブル電源は運転音がかなり小さく、機械の近くにいても気にならないほどです。電気を動力としたものの例として電気自動車を思い浮かべてください。かなり接近していても気づかないほど静かな印象がありませんか?つまり避難所のように周囲にたくさん人がいる環境でも、運転音によって他社に迷惑をかける心配がなく、最低限の気遣いで快適に使用できるのです。

・スペースに関して

 ポータブル電源は持ち運ぶことが前提に設計されているので、サイズもコンパクトに軽量に作られています。大容量を求める方用の大きいサイズのものも、重量こそ重いですが運びやすいようにホイールが付いていますので移動させる上では問題なく運ぶことができます。

ポータブル電源で異常気象に備える

ポータブル電源で異常気象に備える

 今回は「ポータブル電源で異常気象に備える」として、非常事態の強い味方BLUETTI社のポータブル電源をご紹介させていただきました。私自身ニュースで見て異常さを知りましたが、特に最近のゲリラ豪雨の被害は想像だにしない規模ですよね。正直ただの大雨だと舐めてかかった方もいらっしゃると思います。人は自分の予想を遥かに超えてこられた状況ではパニックになりがちです。そんな時には、ポータブル電源を所有していることが、冷静さを取り戻すきっかけになるのではないでしょうか?異常事態でなにより大切なことは‘冷静であること‘。自分を守るために、常に落ち着いて対処するために、ポータブル電源は心の平穏も与えてくれる製品かもしれませんね。

 


Shop Bluetti

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

スマホで買える発電所、ポータブルソーラーパネル

スマホで買える発電所、ポータブルソーラーパネル

1、個人で発電所が所有できる?!  みなさんは発電所と聞くとどういうイメージを持っていますか?私の発電所に対するイメージは、広大な敷地に大規模な施設、大規模な装置、周辺エリア一帯の電気を賄う必要があるためために発電に関わる全てがとにかく大きい、というイメージです。現代社会において、電気がないこ...

続きを読む

ポータブル電源で自然災害に備える

ポータブル電源で自然災害に備える

1、自然災害の国、日本  地震、豪雨、巨大台風、豪雪、落雷など日本では数多くの自然災害が発生しており、例えば地震では震度3くらいなら「また地震か。」程度にしか反応しないほど慣れてしまっています。そもそも、地震にある程度慣れてしまっていること自体が恐ろしいことです。もしそれが慣れてしまった普段の...

続きを読む

ポータブルソーラーパネルでお手軽節電術

ポータブルソーラーパネルでお手軽節電術

1、毎月の電気代が節電できる?  家賃、水道、光熱費、食費、毎月絶対に必要な支出。最近ではウクライナ・ロシア戦争の影響から資源価格の上昇が起き、さらに円安が追い討ちをかけ物価が大きく上昇してしまいました。企業によってはインフレ手当を支給し、従業員の生活を守る対策が取られているようですがそれもで...

続きを読む