ポータブル電源でテントの中でも料理ができる

ポータブル電源でテントの中でも料理ができる

ポータブル電源でテントの中でも料理ができる

ポータブル電源でテントの中でも料理ができる

1、キャンプ中に雨、ご飯どうしよう?!

 突然ですが、キャンプの醍醐味ってなんでしょう?もちろん人それぞれ趣味趣向は違うし、求めるものも十人十色。景色を楽しみたい人、自然に囲まれたい人、川で泳いだり魚釣り、ただただゆっくり過ごしたいだけという人ももちろんいますよね。私はというと、キャンプという非日常的な空間で、大自然に囲まれながら食べるご飯かな、と思っています。ご飯は誰と食べるかで美味しさが全然違う、というのをよく耳にしますし、私もそうだと思います。しかしそれ以外にもどこで食べるか、も同じくらいの重要なんじゃないかなとも思います。家で食べるご飯も良し、オシャレなレストランでも良しですが、木々に囲まれてマイナスイオンたっぷりの外で食べるご飯はまた格別かなと思います。夜には焚き火を焚いて、星空を眺めながらお酒を片手に、、、なんて最高ですよね!

 ではそんな時、突然大雨が降ってきたらどうしますか?もちろん焚き火はできませんし、火が使えないため料理なんてもってのほか。テントですから近くに電源があるわけでもない。そんな時におすすめなのが、BLUETTI社のポータブル電源です!これがあればどんな場所でも電気が使えるようになります。つまりホットプレートなど電気を使う調理器具が使えるので、テントの中で料理ができるのです!今回は、「ポータブル電源でテントの中でも料理ができる」として、なぜポータブル電源があればテント内で料理が可能なのか、その特徴をご紹介したいと思います。

ポータブル電源でテントの中でも料理ができる

2、排気ガスや騒音も無し、必要なのは太陽光だけ

 テントの中という閉鎖的な空間では、色々とケアしたいポイントがいくつかありますよね。それらをクリアしているのが今回ご紹介するポータブル電源です。特に食材を扱い、さらに複数人でいるならばコミュニケーションが取れるかどうかも気になる点でしょう。そこで、排気ガス、運転音、スペース、使用可能プラグに絞ってポータブル電源の特徴をまとめてみました。

・排気ガスに関して

 ポータブル電源は再生可能エネルギーの一つである太陽光を使用して電気を作るため、排気ガスの心配は不要、つまり食材に排気ガスがかかってしまうことや自分たちが直接ガスを吸い込む心配もなくテント内でも安全に使うことができます。

・運転音に関して

 ポータブル電源は運転音がかなり小さく、機械の近くにいても気にならないほどです。ここ最近道路を走っている電気自動車をイメージしてください。かなり近づいてきても気づかないほど静かですよね、同様にポータブル電源も運転音がかなり静かなので快適に使用できるのです。

・スペースに関して

 ポータブル電源は持ち運ぶことが前提に設計されているので、サイズもコンパクトに軽量に作られています。大容量を求める方用の大きいサイズのものも、重量こそ重いですが運びやすいようにホイールが付いていますので移動させる上では問題なく運ぶことができます。

・使用可能プラグに関して

 最大で16機種を同時に接続できるので、同時にあらゆる機械を使用することが可能です。ですので、電気ポットにホットプレート、炊飯器にトースターなど、調理に必要な機器を同時に使用することが可能です。

ポータブル電源でテントの中でも料理ができる

3、ポータブル電源で雨が降っても安心

 今回は「ポータブル電源でテントの中でも料理ができる」として、キャンプ中に雨が降ってきてしまった場合の食事におけるポータブル電源の活用方法をご紹介いたしました。キャンプといえばやはり山など天気が変わりやすい場所へ行くのが一般的。どんな事態にも即座に対応できるよう万全の準備をして出かけたいですよね。自分たちの準備不足で、せっかく楽しみに来たキャンプが台無し、なんてことにはなりたくありません。人によっては、そういった苦い経験も時間が経てば良い思い出として残せるかもしれませんが、どうせなら終始楽しい時間を過ごせた思い出を残せた方が良いですよね。今回のように料理に関してもそうですが、例えば防寒やAV機器の使用などでもポータブル電源は大活躍します。より素敵な思い出を残すために、ポータブル電源はいかがでしょうか?


Shop Bluetti

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。