停電に備えるためのポータブル電源の活用法

停電に備えるためのポータブル電源の活用法

停電に備えるためのポータブル電源の活用法

停電に備えるためのポータブル電源の活用法

1、突然の停電、どうする?!

 みなさんは過去、停電にあったことはありますか?私は電化製品の同時使用によるものも含めると結構な回数で停電にあったことがあります。ブレーカーが落ちちゃった、程度ならばすぐに電化製品の使用を調整し、ブレーカーをあげれば済む話ですが、その原因が災害などによるものだったらどうでしょうか?復旧の目処が立たず、停電の長期化は免れられませんね。夏季であれば夜であっても気温は高いですし、電化製品が使用できないことはさほど大きな問題ではないように思われますが、それが冬だったらどうでしょうか?暖房器具なしで夜の極寒を長期間過ごせ、というのは大変過酷なことですよね。

 今回は「停電に備えるためのポータブル電源の活用法」として、万一の長期停電下でも平常時と同等の生活を送るためのポータブル電源の活用方法をご紹介致します。

停電に備えるためのポータブル電源の活用法

2、今は電気も保存できる!

 さて、今回のような長期間停電のケースは現代においては災害に分類できるケースかと思われます(実際には地震や台風などの大規模災害の結果としての停電が多いと思いますので、停電そのものが災害とは言いづらいかもしれませんが)。災害に備える場合、保存食、水、救急キットなどを防災バッグなどにまとめて避難に備えることが推奨されていますね。私のポイントとしては水や食料が’保存できる’という点。逆に言えば毎日生きていくために必要なもので保存ができるものはその二つだけだったとも言えます。しかし弊社のポータブル電源を活用することで電気も保存しておくことが可能になったのです。それはつまり、避難生活中でも、


・暖房器具が使えるようになる

・スマホやPCなども使える

・電子ケトルなどを使えばお湯も使える

・AV機器やオーディオ機器も使用できる


ということを意味します。これは使用可能な電子機器の一例ですが、要するに停電に見舞われてもほぼ通常通りに電化製品が使用できる、ということなのです。このポータブル電源を保有しておくことで万一の事態にも備えておくことができ、緊急事態にも冷静に対応することが可能になります。さらに言うと、このポータブル電源のおすすめポイントは避難所へ行った時でも問題なく使用すことができる、と言う点です。避難所で気になるであろう点はなんでしょうか?例えば、スペースの問題、機械なのでエンジン音、さらに発電機のイメージですと排気ガス、などがイメージできると思います。それらを全てクリアしているのがBLUETTI社のポータブル電源なのです。

・排気ガスに関して

 ポータブル電源は再生可能エネルギーの一つである太陽光を使用して電気を作るため、排気ガスの心配は不要、室内でも安全に使うことができます。

・騒音に関して

 ポータブル電源は運転音がかなり小さく、機械の近くにいても気にならないほどです。ここ最近道路を走っている電気自動車をイメージしてください。かなり近づいてきても気づかないほど静かですよね、同様にポータブル電源も運転音がかなり静かなので快適に使用できるのです。

・スペースに関して

 ポータブル電源は持ち運ぶことが前提に設計されているので、サイズもコンパクトに軽量に作られています。大容量を求める方用の大きいサイズのものも、重量こそ重いですが運びやすいようにホイールが付いていますので移動させる上では問題なく運ぶことができます。

 このように、他に人が多くいる場合に懸念されるであろうこともクリアしつつ、充電して繰り返し使用ができるのがポータブル電源、1台持っておくだけで電気を貯蔵し緊急事態に備えることが可能になるのです。

停電に備えるためのポータブル電源の活用法

3、ポータブル電源=安心

 今回は「停電に備えるためのポータブル電源の活用法」として、停電時でのポータブル電源の活用方法と電源の特徴をご紹介致しました。日本は災害大国と言える世界でも稀なほどあらゆる災害が発生する国ですよね。地震、台風、豪雨、豪雪、などさまざまな災害が発生しうる国です。これらの災害が発生した際、同時に高確率で停電が併発します。それも、一時的な停電ではなく、長期間に及ぶことが多くのケースだと思います。今現在の便利な生活は、電気が要となっているので、停電期間中は今現在送れているような恵まれた生活はできません。しかしポータブル電源を保有し、電気を確保することができれば家庭単位での電気の使用は可能になるのです。だとしたら停電が起きたとしても怖くないですよね?そうです、つまり’ポータブル電源=安心’ということなのです。

 ここ最近は、西日本の集中豪雨、震災など被害の大きな自然災害が増加しています。停電はもちろんですが、そういった災害にも備えておく必要があるのではないでしょうか?


"Shop Bluetti

 

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

ポータブルソーラーパネルで減災対策

ポータブルソーラーパネルで減災対策

1、減災対策で身を守る  みなさんは減災という言葉を聞いたことがありますか?防災、予防などはよく耳にしますが、減災というのはあまり馴染みがないのではないでしょうか。減災とは、災害にあったときに被害を最小限に止めるために準備をしておく、という考え方のことです。実際災害に見舞われた場合、被害をゼ...

続きを読む

ポータブル電源でペットを守る

ポータブル電源でペットを守る

1、災害発生、最愛のペットはどうしよう?  地震、豪雨、巨大台風、豪雪、落雷など日本では数多くの自然災害が発生しており、例えば地震では震度3くらいなら「また地震か。」程度にしか反応しないほど慣れてしまっています。それだけ頻発する災害ですから、日本では即座に対応できるよう日常的に避難訓練を実施...

続きを読む

ポータブルソーラーパネルで在宅避難

ポータブルソーラーパネルで在宅避難

1、災害発生、家から出られない、どうする?  地震、落雷、台風、津波、日本ではさまざまな大規模災害が発生する可能性があります。そんな時多くは避難所へ逃げることが推奨されますが、場合によっては逃げられない、もしくは自宅の構造が強固で逃げない方が賢明なケースがあります。ですが自宅での準備が不十分...

続きを読む

ポータブル電源で食料を確保する

ポータブル電源で食料を確保する

1、被災時の食料保存、いったいどうする?  みなさんは避難生活と聞くとどんな生活を想像しますか?学校の体育館などの行政指定の避難所で不特定多数の避難民が共同生活をする、最低限の毛布などで暖を取り、狭いスペースで寝なければならない。食事はもちろん長期保存のできる乾パンや保存食仕様のインスタント...

続きを読む