ポータブル電源で二酸化炭素削減

ポータブル電源で二酸化炭素削減

ポータブル電源で二酸化炭素削減

ポータブル電源で二酸化炭素削減

1、あなたの行動が世界を救う?

 自動車、工場、発電、これらは全てここ200年以内に登場したもので、世界の人々の生活様式を劇的に変化させました。またそれに伴い、次々と生活を便利にする製品が開発されました。例えば、エアコン、洗濯機、冷蔵庫、テレビなどが代表的なものですね。今となっては日常生活に欠かせないほど大きな存在となっており、もしこれらの製品が無い生活をしろ、となればもはや生きづらさすら感じてしまうかもしれません。こういった製品はそれほどまでに私たちの生活に影響を与え、その存在価値を確立させました。

 しかし一方で、二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスを多量に排出し、私たちが生活の土台としている地球環境を徐々に蝕み、地球温暖化や異常気象、オゾン層の破壊など生活が便利になる陰で自らの首を締める結果にもなってしまっていたのです。そのため私たちは、SDGsなど地球環境を正しい状態に戻すための世界的目標を掲げ、なんとか問題解決に向けて取り組んでいるのが現状です。ですがやはり国単位や企業単位など大きな組織としての取り組みは進められていても、個人として真摯に何かしらの取り組みをしているひとは少ないのでは無いでしょうか?環境問題は日々メディアに取り上げられ、その話題を目にしない日は無いと言えるほどですが、それを自分自身の問題だとしっかりと認識し、自分にできることからちゃんと解決に向けて貢献しようという動きはそう多く無いと私は感じています。それで良いのでしょうjか?環境問題は他の誰でも無い、自分に関わる問題です。決して他人事ではありません。どんな小さなことでも、自分にできることを毎日少しづつ続けていけば、必ず解決できる日が来ると私は信じています。そこで今回は、「ポータブル電源で二酸化炭素削減」として、個人でできる環境問題への取り組みをご紹介したいと思います。

ポータブル電源で二酸化炭素削減

2、個人でできる自然エネルギー発電

 さて、個人でできる取り組みと言ってもいまいちピンと来ないと思います。例えばゴミをなるべく出さない、分別をしっかりする、なども取り組みの一つと言えるでしょう。そう考えると日本ではすでに大部分の人が取り組みに寄与しているのかもしれません。しかし解決に向けてはそれだけではもちろん足りず、より大きな一手が必要です。

 では、例えば今大きな課題の一つとなっている’発電’が、個人でもでき、かつそれが自然エネルギーを活用した方法だとしたらいかがでしょうか?さらにその発電は少量ではなく、毎日しっかり発電すれば日々の生活電力を自給自足できてしまうとしたらどうでしょう?これは大きな進歩ですよね。実はそれを可能にする製品がBLUETTI社により開発されました。それが「ポータブル電源」と「ポータブルソーラーパネル」です。以下、その特徴をご紹介します。

・排気ガスを出さない

 ポータブルソーラーパネルは太陽光を使用して電気を作るため、排気ガスが発生せず、室内でも安全に使うことができます。ポータブル電源に蓄電することで夜間など光を得られない状態でも電気の使用が可能になります。機種によっては電源同士を接続することが可能で、最大容量を1日の消費電力を十分に賄える量まで増加させることができます。

・運転音が静か

 ポータブル電源は運転音がかなり小さく、機械の近くにいても気にならないほどです。ここ最近道路を走っている電気自動車をイメージしてください。かなり近づいてきても気づかないほど静かですよね、同様にポータブル電源も運転音がかなり静かなので快適に使用できるのです。家の電力を賄おうとすると室内での使用になるでしょう。そんな時に運転音が静かだと安心して使用できます。

・軽量コンパクト

 ポータブル電源もポータブルソーラーパネルも持ち運ぶことが前提に設計されているので、サイズもコンパクトに軽量に作られています。大容量を求める方用の大きいサイズのものも、重量こそ重いですが運びやすいようにホイールが付いていますので移動させる上では問題なく運ぶことができます。そのため屋内への運び入れや移動、実際に使用する際や収納時のスペースも最低限で収まります。

・メンテナンス不要

 ポータブル電源はなんとほぼメンテナンスいらず!自然放電を避けるため、半年に一度は充電することが推奨されますが、それ以外は極論放置していても問題なしです。また、ポータブルソーラーパネルに関しては、高度なラミネート技術と長持ちするETFE素材で作られており、優れた光透過率と耐久性を備えています。また、傷つきにくく、IP65の飛沫に強いので、濡れた布で簡単にきれいにすることができます。そのため保存・保管も非常に簡単です。

ポータブル電源で二酸化炭素削減

3、二酸化炭素削減に貢献して地球を守る

 今回は環境問題にフォーカスし、「ポータブル電源で二酸化炭素削減」として個人でできる環境問題対策をご紹介させていただきました。私たちが生活できている、むしろ生きていられること自体が地球という存在の恩恵です。自分たちの生活を豊かにすることに目が眩み、その環境を乱してしまったのは私たち自身です。であればそれをどうにか解決し、元の状態に戻せるよう何かしらの取り組みをすることも私たちの責任では無いでしょうか?今回紹介した、ポータブル電源とポータブルソーラーパネルは、簡単かつしっかりとした効果が期待できる取り組みの一つだと思います。自分たちの安全かつ快適な環境は自分たちの手で取り戻さなくてはなりません。これらの製品は必ずその一助となるはずです。自分に何ができるのか今一度しっかりと考え、行動に移すことが未来を作ることにつながるのでは無いでしょうか?


Shop Bluetti

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

ポータブルソーラーパネルで減災対策

ポータブルソーラーパネルで減災対策

1、減災対策で身を守る  みなさんは減災という言葉を聞いたことがありますか?防災、予防などはよく耳にしますが、減災というのはあまり馴染みがないのではないでしょうか。減災とは、災害にあったときに被害を最小限に止めるために準備をしておく、という考え方のことです。実際災害に見舞われた場合、被害をゼ...

続きを読む

ポータブル電源でペットを守る

ポータブル電源でペットを守る

1、災害発生、最愛のペットはどうしよう?  地震、豪雨、巨大台風、豪雪、落雷など日本では数多くの自然災害が発生しており、例えば地震では震度3くらいなら「また地震か。」程度にしか反応しないほど慣れてしまっています。それだけ頻発する災害ですから、日本では即座に対応できるよう日常的に避難訓練を実施...

続きを読む

ポータブルソーラーパネルで在宅避難

ポータブルソーラーパネルで在宅避難

1、災害発生、家から出られない、どうする?  地震、落雷、台風、津波、日本ではさまざまな大規模災害が発生する可能性があります。そんな時多くは避難所へ逃げることが推奨されますが、場合によっては逃げられない、もしくは自宅の構造が強固で逃げない方が賢明なケースがあります。ですが自宅での準備が不十分...

続きを読む

ポータブル電源で食料を確保する

ポータブル電源で食料を確保する

1、被災時の食料保存、いったいどうする?  みなさんは避難生活と聞くとどんな生活を想像しますか?学校の体育館などの行政指定の避難所で不特定多数の避難民が共同生活をする、最低限の毛布などで暖を取り、狭いスペースで寝なければならない。食事はもちろん長期保存のできる乾パンや保存食仕様のインスタント...

続きを読む