ポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活を

ポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活を

ポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活を

ポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活を

今、電気はいつでもどこでも自分で作れる?

 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、ヒーター、そしてスマートフォンにパソコン、オーディオ機器など、現代の私たちの生活において電化製品は欠かせない存在となっています。確かに電化製品の存在で私達の生活は非常に便利に、快適に、豊かになりました。しかし逆を言えば、電化製品の無い生活は非常に不便であり、例えば生活環境を変えようとしたとしても、電気の使えない環境は候補には上がってこないことが一般的です。しかし近年のコロナ禍において、人の多い都会を避け、人里離れた場所に引っ越したい、山を買ってそこに住んだり、キャンプをしたい、という人が増加しています。田舎に引っ越すだけなら電気はあるでしょうが、山を買うケースではどうするのでしょうか?キャンプだけならまだしも、そこに住むというのは非常に難易度が高そうな印象です。そこで今回は、「ポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活を」としてどんな環境下でも電気を使った生活を送る方法をご紹介します。

ポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活を

座布団サイズのソーラーパネルが買える?

 どんな環境下でもとはいうものの、どうやって電気の供給を受けるの?と思ったと思います。結論から申しますと、電気の‘供給を受ける’のではなく、電気を‘自分で作る’のです。電気を自分で作ると言われると、私はどうしても昔ながらの自転車をイメージしてしまいますが、もちろんそんなことはありません。それを可能にしたのが、BLUETTI社のポータブルソーラーパネルです。そのソーラーパネルにはどのような特徴があるのか、ご紹介いたします。

①使いやすく、コンパクト

 BLUETTI社のポータブルソーラーパネルはセットアップが非常に簡単です。ソーラーパネルを広げる→キックスタンドをはめ込み、角度を調整する。これだけで使用可能です。この簡単な装置でどんな環境下でも太陽光さえあれば発電が可能になるのです。そしてプラグさえ合うならば発電してそのまま電化製品を使用可能ですし、ポータブル電源と併用すれば蓄電が可能になり、夜間など太陽光が無い場合でも電源として使用が可能になります。さらに折りたたみ式設計のため、超コンパクト。輸送面でも保管面でも省スペースになります。

②高い耐久性と手入れの手軽さ

 高度なラミネート技術と長持ちするETFE素材で作られた弊社のソーラーパネルは、優れた光透過率と耐久性を備えています。また、傷つきにくく、IP65準拠製品であり飛沫にも強く、手入れは濡れた布できれいにするだけ。手軽に手入れもでき、長く使用できます。

③高いエネルギー変換率

 内蔵の単結晶シリコンセルは、最大23.4%の高い変換効率を保証します。これまで自然エネルギーによる発電は発電効率が低いことがネックとなっていましたが、BLUETTI社のソーラーパネルはその点を解決したのです。

④シェーディング性能

 パネルが部分的にシェーディングされている場合、失われる電力はシステム全体ではなく影のある領域になります。そのため、部分的に日陰になっていたとしても発電機能はあまり損なわれません。

ポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活をポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活を

 今回は「ポータブルソーラーパネルで、どこでも電気が使える生活を」をテーマに、電気を自給自足する方法と、それに必要なポータブルソーラーパネルの特徴をご紹介しました。コロナ禍において三密を避ける生活が重要視され、仕事ではリモートワークが主流となってきました。どうせリモートワークをするのならば、森の中などマイナスイオンたっぷりな環境で過ごせたら理想的ですよね。また、日本においては電気が自給自足できることが大きな助けとなるシーンが他にもございます。それは‘災害’です。地震や台風など日本では規模の大きい災害が頻発します。そういった緊急事態では電気を自由に使うことはできなくなります。そんな時に自分で電気を作れたらとても役に立ちますよね。それを実現可能にするのがBLUETTI社のポータブルソーラーパネルです。どのような環境でも電気が作れるポータブルソーラーパネル、導入検討されてはいかがでしょうか?


Shop Bluetti





コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

ポータブルソーラーパネルで減災対策

ポータブルソーラーパネルで減災対策

1、減災対策で身を守る  みなさんは減災という言葉を聞いたことがありますか?防災、予防などはよく耳にしますが、減災というのはあまり馴染みがないのではないでしょうか。減災とは、災害にあったときに被害を最小限に止めるために準備をしておく、という考え方のことです。実際災害に見舞われた場合、被害をゼ...

続きを読む

ポータブル電源でペットを守る

ポータブル電源でペットを守る

1、災害発生、最愛のペットはどうしよう?  地震、豪雨、巨大台風、豪雪、落雷など日本では数多くの自然災害が発生しており、例えば地震では震度3くらいなら「また地震か。」程度にしか反応しないほど慣れてしまっています。それだけ頻発する災害ですから、日本では即座に対応できるよう日常的に避難訓練を実施...

続きを読む

ポータブルソーラーパネルで在宅避難

ポータブルソーラーパネルで在宅避難

1、災害発生、家から出られない、どうする?  地震、落雷、台風、津波、日本ではさまざまな大規模災害が発生する可能性があります。そんな時多くは避難所へ逃げることが推奨されますが、場合によっては逃げられない、もしくは自宅の構造が強固で逃げない方が賢明なケースがあります。ですが自宅での準備が不十分...

続きを読む

ポータブル電源で食料を確保する

ポータブル電源で食料を確保する

1、被災時の食料保存、いったいどうする?  みなさんは避難生活と聞くとどんな生活を想像しますか?学校の体育館などの行政指定の避難所で不特定多数の避難民が共同生活をする、最低限の毛布などで暖を取り、狭いスペースで寝なければならない。食事はもちろん長期保存のできる乾パンや保存食仕様のインスタント...

続きを読む